創和リサイクル オンラインショップ ネットショップ > 肥料について

肥 料 の 種 類
■有機肥料とは?
動物や植物などの生きもの由来の肥料のことです。
効き目はおだやかで、土中の微生物なども活性化したりする事もありません。もともと天然の物なので、土にやさしく、土をかたくしたりする事もありません。

しかし、使いすぎや発酵の未熟な有機質肥料を使うと逆に土が固くなり、植物
も良く育たなくなってしまいます。
微生物や菌類が活性化するので、カビや虫がわきやすいですが、植物の成長
には問題の無いことが多いです。
■化学肥料とは?
化成肥料ともいいますが、硫酸やアンモニアなどの化学物質を反応させて作られた肥料です。
有機質肥料に比べて成分が安定していて効果が早いのが特長です。

単肥といった窒素のみ、リン酸のみ、カルシウムのみの肥料から三要素がバランス良く配合されたもの、微量要素入りなど様々な化学肥料が製造されています。
畑などに長年使いすぎると有機質肥料と違い土をやせさせる(注)ことがあるので、たい肥や有機質肥料との併用をお勧めします。

【土がやせる】
土の中に住んでいて、イネの栄養分を作り出す「び生物」が減ったり、イネが育つのに必要な「チッソ」「リンサン」「カリウム」などの栄養が減ることです。
一般的な園芸用肥料一覧

名 称 原 料 効 果

油かす なたねが一般的 なたねから油を搾った粕です。
窒素を多く含んでいます。
醗酵油かす 油かす、米ぬか、
魚粉

骨粉など製品によって異なる
油かすを醗酵させたものです。 魚粉や米ぬか、骨粉などが
配合されている事が多いです

粉末、粒状などの形状で、日本の園芸で一番良く使われている肥料です。

草花・盆栽・野菜など幅広く使われています。
けいふん にわとりのふん ニワトリのふんを発酵させた肥料です。有機質肥料の中では比較的成分のバランスが良く、効き目の早い肥料です。

品質のバラつきが一番多い
骨粉 牛、豚、ニワトリな
どの骨
非常にリン酸分が高く、果樹や 野菜に良く使われます。
魚粕、魚粉 魚を煮て油分を搾ってから乾燥させた肥料です。
果樹が甘くなると言われています。
バットグアノ こうもりのふんや
死がい
リン酸分の非常に高い肥料です。
リン酸の高い物は果樹栽培に適しています。

尿素 アンモニア+
炭酸ガス
窒素の肥料。中性の肥料なので、連続使用しても土壌の酸度
は変わりにくい。水に溶かして葉っぱにかけるだけでも効果があります。

日照不足で光合成が充分に出来ないような場合に便利です。
硫安 硫酸+アンモニア 窒素の肥料。効き目は即効性です。酸性肥料なので、酸性土壌には使わないほうが良いとされています。
かりん酸石灰 りん鉱石+硫酸 りん酸の肥料。カルシウム分(石灰)も含まれる、速効性肥料です。実や花を付ける植物に使います。
ようりん りん鉱石+蛇紋岩など りん酸の肥料。含まれるりん酸分は苦溶性といって、水で溶けるのではなく、植物の根から出る根酸によって溶けて吸収されます。効き目はわりと長い肥料です。

果樹や野菜に使われる事が多い。
塩化カリ 加里鉱石及び塩水 加里の肥料。水に溶けやすい速効性肥料です。
大根などの根菜に使われます。
硫酸カリ 塩化カリ+硫酸など 加里の肥料。塩化カリよりも高いカリ分が含まれます。
大根などの根菜やたばこに良く使われます。
石灰窒素 カーバイド+窒素+
炭酸カルシウムなど
窒素の肥料。石灰を含むアルカリ性肥料

■肥料とは?
植物が成長するために必要な栄養の事をいいます。化学的に硫酸やアンモニアを化合させて作られた化成肥料や、油を搾った粕から作られる油かすおよび動物(牛・豚・鳥など)の骨から作られる骨粉などの有機質肥料、化成肥料と有機質肥料を配合した配合肥料が良く使われます。 チッソ(N)りん酸(P)カリ(K)三要素が主な成分として含まれており、植物の葉っぱや花、実、根っこ等を元気に育てます。

■肥料を与えないと?
植物に肥料を与えないと一般的には株全体の成長が悪くなったり、花や実がつかない、花数が少ない、葉っぱが黄色くなるといった現象がおこります。

与えすぎても根やけを起こしたり、徒長したりと悪い影響がでます。

植物の品種や栽培法によっては、あまり肥料を与える必要のない場合もあります。

■肥料要素の種類と効果■
      名前
効果
足りないと?
やり過ぎると?
十 要 素    
呼吸に絶対に必要です 枯れます 特になし
   
水としてあらゆる成長に必要となります
枯れます
特になし
   
光合成、あらゆる成長に必要です 枯れます 特になし
四 要 素 三 要 素
葉っぱの成長にとても役に立ちます 植物全体が黄色くなったり、成長が全体的に悪くなります 葉っぱが暗い緑色になり軟弱になります

花実の成熟が遅れます
実や花をつけるのに必要です 花や実があまり着かなかったり、生育が全体的に悪くなります 一般的に過剰症はあまり出ません
根っこを育てます病害虫への抵抗力も上がります 根の成長が悪くなり葉っぱにしわがよったり枯れたりします 一般的に過剰症はあまり出ません
 
植物細胞を丈夫に育てます

根っこも育てます
芽の先端が枯れ、細根が成長しなくなります トマトの尻腐れ病、白菜、セロリの心ぐされ病の原因にもなります 一般的に過剰症はあまり出ません
   
酵素の元になります
葉緑素を形成します
リン酸吸収を良くします
葉緑素の形成が妨げられ葉脈の間が黄色くなります 土の中のカルシウム・マグネシウムが多くなりすぎると植物があまり良く育ちません
   
アミノ酸・ビタミンなどを作ります 葉っぱが黄色くなる事があります 一般的に過剰症はあまり出ません
   
葉緑素を作ります 葉緑素の形成が妨げられ上葉から黄色または白っぽくなります リン酸の吸収をおさえてしまいます






葉緑素の生成、光合成、ビタミンCを作ります 植物が黄色っぽくなり枯れます 根が茶色くなったり葉っぱに茶色い点が出ます
カルシウムの吸収を助けます 植物全体が小さくなったり茶色っぽくなったりします 葉っぱが黄色から茶色に変色します

微量要素の中でもっとも過剰症が出やすい
酵素作りに役立ちます 葉っぱが小さくなったり葉脈全体に黄色い点がでます。細根も発育しません 新しい葉っぱが黄色くなったり赤茶色になったりします
酵素になったり窒素の固定に役立ちます

ビタミンCにもなります
葉脈間が黄色くなったり葉っぱに黄色い大きな点があらわれます 葉っぱがコップやむちの様な形になることもあります クロロシス(葉の緑色が退色して白や黄色に変化する現象)が起こる事があります
光合成に役立ちます 果樹の場合枝が枯れて若い枝に水ぶくれ状の斑点ができます 根っこが良く育ちませんクロロシス(葉の緑色が退色して白や黄色に変化する現象)が起こる事があります
植物の体作りや光合成に役立ちます 葉の先端が萎えて  クロロシス(葉の緑色が退色して白や黄色に変化する現象)が起こりさらに青銅色になって枯れてしまいます 特になし
イネ科の植物の耐病性、耐虫性が向上します イネ科植物が病気や虫に弱くなります 土のpHを上げすぎてしまいます
肥料、特殊肥料、培養土、たい肥、土壌改良剤、みみずのふん、用土、ガーデニング用品、家庭園芸用品全般。
ハッピープランター、花と野菜の培養土、実のなる野菜の土、バラの培養土、苗から育てる培養土、観葉植物の土、洋ランの土、バラの土、たねまき・さし芽の土、サボテン・多肉植物の土、、EW培養土、赤玉ボール、ク
Copyright:(C) 2004 Sowa Recycle Corporation Rights Reserved.