創和リサイクル オンラインショップ ネットショップ >たい肥について
たい肥とは?
たい肥とは、緑化事業、木工業などから排出される木の枝・木の皮やコーヒーのしぼりかす、野菜くずなどの食品工場から排出 される廃棄物(食物性ざんさ)や畜産業などから排出される牛ふん・けいふん・馬ふん・豚ふんなどを堆積し、発酵をかさねて作られたものの事をいいます。肥料成分も多少はありますが、おもに土壌改良が目的で使われ ます。

たい肥だけでは植物は育ちませんが、土と混ぜる事によって土の中に住んでいるミミズや 微生物、菌類が活発になり、土を団粒化したり悪い菌を抑制したりと様々な働きをするので、間接的に植物の成長を助けてくれます。

たい肥の原料によって異なりますが、植物の生育に必要なミネラルやアミノ酸・微量要素なども含まれているので、植物の元気の素になります。

肥料もそうなのですが、使いすぎは逆に植物の成育に良くないので、製品化されたものを使う場合は、パッケージなどに記載されている使用量の説明などをきちんと読んでから使いましょう。

それから、きちんと発酵していないたい肥を使った場合も植物の生育に問題が生じる場合もありますので、お使いの際にはきちんと発酵されているたい肥を使いましょう。


たい肥の種類と原料(基本的に有機質jは何でもたい肥の原料になります)
  原 料 名 説 明









牛ふん 肉牛や乳牛などを飼っている畜産農家等が作っています。

牛舎の中に敷く敷料というものが半分くらいの割合で入っています。敷料はもともと牛ふんを作るために敷くわけではないのですが、牛ふん100%だと水分量が高すぎて発酵しにくいので良い水分調整剤となります。

主におがくずが使われていますが、もみがらそばがらなどを使うところもあります。

たい肥化する時に水分が高すぎる場合は、さらにおがくずやもみがらetcを足して水分調整してから発酵させます。
豚ぷん 養豚場で作られています。牛ふんのようにおがくず主体のものと粒状のものがある。肥料成分は鶏ふんと牛ふんの中間くらい。どちらかというと肥料として使ったほうが、いいような気がします。
馬ふん エサがわら主体なので、カリ分が高くふわっとした感じの物が多い。絶対排出量が少ない。

おがくず 木を切るときに出る引き粉、最近では古材を破砕したチップ状のものが多い。
木の皮(バーク) 木の皮。単体では発酵しにくく、牛ふんなどの畜ふんや発酵促進剤などを混ぜて発酵させます。
もみがら お米を精米したときに出るからの部分。多孔質なので通気性や透水性の改善にも役立ちます。発酵はしにくい。
そばがら そばの実のから。カフェー酸という物質が含まれているらしく その効果も信州大学で研究されているようです。
わら 稲わらを乾燥させたものカリ分が多く含まれます。
剪定材 木の枝




コーヒー粕 コーヒー飲料の工場から排出されます。コーヒーを搾ったあとに残るかすです。栄養価が高く発酵には時間がかかります。
ホップ粕 ビール工場などから排出されます。ビールや発泡酒、麦芽飲料を造る時にできるかすです。

やはり栄養価が高く発酵させるのに時間がかかります。
乾燥させたものは動物の飼料にもなっています。
おから 豆腐を作ったときに出来ます。豆腐の消費量に比べておからを消費する量がかなり低いので、たい肥の原料や飼料になったりしています。人が食べられる物というのは大体たんぱく質(ここでいう栄養価)が高いので、発酵に時間がかかります。
ふすま 小麦粉を作るときに出る小麦の一部。
ほとんどは食料や飼料として使われる。

肥料、特殊肥料、培養土、たい肥、土壌改良剤、みみずのふん、用土、ガーデニング用品、家庭園芸用品全般。
ハッピープランター、花と野菜の培養土、実のなる野菜の土、バラの培養土、苗から育てる培養土、観葉植物の土、洋ランの土、バラの土、たねまき・さし芽の土、サボテン・多肉植物の土、、EW培養土、赤玉ボール、クリスタルクレイ、みみずのふん、EM牛ふん、E牛ふん、竹酢発酵けいふん、炭化けいふん、有機たい肥、土ふっくらたい肥、もとごえ、炭、古い土の再生剤、天然かきがら石灰、鉢底炭、ニームケーキ、ニームオイル、優駿堆肥、キクノール他、オンラインショップで購入いただけます。安心SSL、カード決済、ウェップショップ、メーカー直販、通販サイト!
Copyright:(C) 2004 Sowa Recycle Corporation Rights Reserved.